カテゴリー
スキンケア

約10年にわたる、ニキビの悩み

私は、16歳の頃からニキビに悩まされてきました。当時、赤いニキビや黄色いニキビ、白いニキビなど顔や背中に沢山できていました。薬用化粧品を使用したり、市販のビタミン剤を飲んでもなかなか良くならず、親にすすめられ皮膚科に行きました。最初に行った皮膚科では、硫黄の入ったクリーム(アクアチムクリーム)を処方されるだけで、数週間塗り薬をつけても、まったく改善しませんでした。

そこで皮膚科を変え、2種類の飲み薬(ビタミン剤)と硫黄ではないニキビ用の塗り薬(ダラシンTローション)を貰い、数か月経つと少し改善したかのように見えました。

http://www.securite-privee.org/

しかし、ビタミン剤が切れると、たちまち背中や顔にニキビが復活してしまいます。

塗り薬(ダラシンTローション)は、赤いニキビに効果テキメンでしたが、黄色いニキビや白いニキビには余り効果はありませんでした。

皮膚科の医師からも「ビタミン剤は副作用が少ないと言っても、腎臓や肝臓などのことを考えると、できれば飲まないほうがいい。症状が落ち着いたらビタミン剤は減らしていきましょう」と言われていました。ビタミン剤を増やしたり、減らしたり、時には別の塗り薬(ディフェリンゲル)も併用してみたり、とにかく色々試しました。

20歳過ぎたあたりでしょうか。以前と比べ、顔のニキビはできにくくなってきました。その頃に使っていたのは「LUSH」の化粧水「ティーツリーウォーター」や「人魚姫」というパックなどです。これらのティーツリーには殺菌作用もありますし、パックで皮膚を冷却することによって赤いニキビなどはできにくくなったのかもしれません。年齢によるものかもしれませんが、一応顔のニキビは落ち着いてきました。

背中のニキビは、自分で手が届きにくいこと、寝ている時に寝具に触れていることもあり、常に赤いニキビや黄色いニキビができている状態が続きました。可能な限り、ティーツリーウォーターをかけたり、塗り薬を塗りましたが特に変化は出ませんでした。

それら背中のニキビが落ち着いたのは、27歳過ぎてからです。もう「吹き出物」と呼ぶ時期に入った頃から、特別ケアをしなくても殆ど新しい吹き出物はできなくなりました。

現在(29歳になりました)は、月経前に顎に吹き出物ができたり、カバンの持ち手が肩にこすれ、吹き出物になったりしますが、10代~20代の頃よりは肌の状態は良いと思います。ここ1年くらい「ペアアクネ」というライオンから発売されている吹き出物に塗る一般医薬品を使用しています。主に炎症のあるニキビや赤い吹き出物には効果テキメンです。イブプロフェンピコノールが配合されているためとてもよくききます。

皮膚のトラブルはニキビに関わらず解決するまでに時間がかかるものが多いと思います。医師や薬剤師に相談したり、時には基礎化粧品を見直すことにより解決に近づくこともあると思います。