カテゴリー
スキンケア

女性のお悩み!ホルモンバランスの乱れが肌への影響

健康な女性なら誰でも毎月定期的に生理がありますね。そして、妊娠に備える身体を作ります。

生理前になると、イライラしたり感情がコントロールできなくなる方も多いのですが、それは女性ホルモンと密接な関係があります。女性ホルモンは身体や心だけに影響がでるだけではなく、まずは肌に現れやすくシミ・シワ・タルミ。そして、毛髪にまで影響を受けることになる。

効果はどう?シロイストの口コミ感想から解約方法まで完全解説!

ストレスがもたらすホルモンバランスの崩れとは?

「ホルモンバランスが崩れる」「ホルモンバランスが悪い」という状態は、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌量が何らかの原因で変化することなのです。そもそも女性ホルモンは、脳にある視床下部の命令によって脳下垂体で性腺刺激ホルモンが出ます。その刺激によって主に卵巣で分泌されるのです。

ニキビの原因になるのもホルモンバランスが関係しているくらい毛穴には皮脂の汚れも詰まりやすいのです。

ホルモンバランスを整える肌艶アップ方法とは?

◇ホルモンバランスを整える食べ物。

ホルモンバランスを自分でコントロールするには、バランスのとれた食事が欠かせません。

肉や魚などのタンパク質、主食の炭水化物、ビタミンが豊富な野菜、良質な油を、なるべく多くの食材を摂取すると、栄養バランスが整いやすい。

ホルモンバランスに効果的な食べ物は、エストロゲンと似た働きをする大豆。カルシウムが豊富な小魚。完全栄養食の卵。体にいい油を含むナッツ類。

これらを毎日の食事の中で、意識して摂取することが大切です。

◇気分を上げてホルモンバランスを整えよう。

好きなことを思いきり楽しむことで、感動やドキドキなど心がときめくことが大切です。そのことで女性ホルモンも活発になり、年齢関係なく良い影響を与えてくれ、ストレスを解消ができ肌艶が出ます。

◇質の良い睡眠をとる

睡眠不足は女性ホルモンを分泌する視床下部が正常に働かなくなることで、ホルモンバランスが乱れる原因につながります。質のいい睡眠をとるための条件とは?

・7時間睡眠。

・寝る前にスマートフォンを見ない。

・お風呂はぬるま湯に20分ほど浸かる。

・睡眠を妨げることをしない。

例えば、寝る前の入浴や食事を避ける。

・起床時に朝日を浴び、日中は体を動かして活動するようにする。

・起床と就寝時間をなるべく一定にする。

仕事と家事で忙しい女性は、睡眠時間の確保することが難しい方が多いでしょう。

7時間睡眠がとれなくても、入眠時から3時間深い眠りに入りやすくなり、質の良い睡眠に繋がります。そのことで

内側から満たされるため、肌にハリがでるのです。そのためには、入眠1時間前にお風呂に入り、温まることで血流よ良くすることで、シミが薄くなり、透明感ある肌艶のいい状態が保てるようになります。

◇軽い運動をする

軽い運動で体を動かすことで、血行が良くなるためホルモンバランスが整いやすくなります。そして、冷え性の改善や代謝の向上など、健康的な体作りにも役立つことができます。

ただし、ハードな運動は長続きしないだけではなく、急激に体脂肪を減すことによって生理不順を招くの可能性が高いため注意が必要になります。

ホルモンバランスを整えるためには、継続することが大切なため、軽い運動を継続することをオススメ。

運動はウォーキングです。

軽く息が上がる程度がベストであり、30分程歩くこと。

また、デスクワークをしている方は、血行不良になるため、1時間に1回は席を立つことや足の指を動かして血行促進することで、毛細血管まで血液がいくようになるため、血流が滞らないため、内側から改善しやすいため、肌にハリが出やすくなります。