カテゴリー
スキンケア

ニキビ(吹き出物)の親玉が出来たらどうするか?

 20歳未満の若い頃に顔や背中等に出来るのはニキビですが、20歳を超えると吹き出物と名称が変わるのはなんだか歳をとった感があります。

シミーホワイトリンクルエッセンス

ニキビは食生活も関係あると思いますが、ホルモンバランスが安定しない若い頃は洗顔をいくら毎日しても出てきてしまうので防ぎ様が無い場合が多いです。経験からいくとニキビが若干膿んで痛みを感じる大きなふくらみと中心部分に白い皮脂や膿みが溜まった状態になり痛みを伴う物があります。

一般的にはニキビを潰したらいけないと言われていますが、経験上、適度に膨らみが終わってこれは潰せるな!?と思えるまで成長したら、アルコール除菌ティッシュや除菌石鹸で綺麗にして、爪で挟んで潰して膿みを完全に出してしまうのが一番早く痛みも消えて痕も残りません。潰した後は流水で荒い流しながら膿みや皮脂汚れを出し切って(個人的な経験ですので病院に行くのが有効)しまい、血も出ますが痛みは消えてくれます。

綺麗なティッシュで押えて血が止ったらオロナインやメンタームを塗っておけば翌日には何も無かった様になりかさぶたが出来て直ります。ためしに潰さないで放置していた時は長い事痛みが続き直るのも遅く、茶色っぽいシミの痕が残ったので、放置するのは得策ではないと思います。

 一番良いのは、皮膚科に行ってトレチノインを処方してもらい肌の生まれ変わりを促進させてニキビを早く残す治療法があります。ちなみにトレチノインは顔の肌のシミに塗ると肌のターンオーバーが促進されるので、シミを薄くする事が期待で得きると皮膚科の先生に教わりました。

まずは独りで悩まずに、皮膚科に行って相談するのが一番良いと思います。