カテゴリー
スキンケア

女性の肌は週替わり!

女性の肌は生理周期と関係があるというのは有名な話。

生理前後は皮脂の量が多くなったり、乾燥がひどくなったりと、毎月困っている女性は多くいるのではないでしょうか。

特に私は、軽度のアトピー性皮膚炎を持っているので、ただでさえ肌の調子が安定しないのにさらに生理で…となると

もうお手上げです。

過度な乾燥で肌が粉を吹いているようになってしまったり、逆に皮脂でテカテカギトギトになったり…

ニキビはずっとあるし、肌の赤みは消えないし…

1年前の私はもうお手上げで、特に対処をしていませんでした。

しかし、超簡単1つの工夫で生理前後の肌荒れを緩和できるんです。

それが、生理前後だけ、「普段よりも、化粧水の重ね付け回数を2回増やす」ことです。

リンクルシャイン

いうなれば、保湿すればオールオッケー戦法ですね!

肌荒れは、主に乾燥が原因です。皮脂が多いなと思っていても、それは乾燥が原因だったりします。

肌が乾燥していると、潤いを保とうとして皮脂が分泌されます。

しかし、過度な乾燥になってくると、肌も皮脂を分泌するバロメーターがくるってしまって、必要以上の皮脂を分泌するようになってしまうんです。

皮脂分泌の量を元通りにさせてあげるためにも、皮脂多めの方もまずは保湿からはじめましょう。

本題に戻りますが、わざわざ高いスキンケア用品を買うのも、美容器具を買うのも大変です。

だからこそ、簡単で、かつ続けられることが結局は自分のため。

お金をかけずにできることとなれば日ごろのルーティーンを少し変えることです。

だからこそ、重ね付け回数+2回です。

ゆっくりじっくり化粧水をしみこませてあげてください。

生理前後の肌荒れを完全になくすことはできないです。残念ながら、、、

でも、普段の肌と落差の幅を縮めることはできます!

ぜひ、お試しください!!