カテゴリー
ヘアケア

美容室でパーマを断られる痛み髪

4歳のころから水泳をやっており、歴としたら22年ほどである。今は仕事の都合などでプールに入ることもなくなったが、これまで22年間もの間塩素に髪の毛をつけてきた。この代償は大きい。中学生の頃は塩素で髪色が抜けてもはや金髪になった髪が好きだった。これだけ練習したんだななんて実感できることもあったし、何より髪の色が抜けていれば抜けているほど速い選手という表しであった。

クロハシャンプー

しかし高校生、大学生となるにつれて、髪を染めたくなったり、パーマをかけることにあこがれを持つようになった。するとどうだろう。傷みすぎてストロー状になった髪の毛は、美容室に行っても色が入らないし、入ってもすぐ抜けるし、パーマもかからない。美容師さんもどうやらお手上げのようで、トリートメントを薦めてくる。というか、カラーやパーマは断られてしまう。

痛んでいるところを切ってトリートメントをする。これしかできない。ちなみ傷んでいるところはどこか聞くと全部と言われるため、髪がすべて生え変わるまではずっとこの繰り返しである。どのくらいかかるだろう。それよりも、新しく生えてくる髪はストローじゃなくちゃんとした状態なのだろうか。パーマに憧れる傷み髪である。